東松山市の腰痛・骨盤矯正に特化した「たかさか中央接骨院」ブログ | 埼玉県東松山市高坂にある腰痛専門整体・治療院「たかさか中央接骨院」は腰痛・骨盤矯正に特化した整体・接骨院です。

たかさか中央接骨院
お問い合わせフォーム

院長ブログ

こんばんは、東松山市高坂にある産後骨盤矯正・腰痛に特化した整体・治療院
「たかさか中央接骨院」院長の比嘉です。
本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

産後の痛み

産後の症状で腰痛や恥骨痛で困っている方が多くいらっしゃいます。同じくらいにお尻付近の痛みを訴える方もたくさんいます。

今来ている方で、産後の痛み、症状としては仙骨からお尻付近にかけて痛みがとても強く、それにより歩行時の姿勢に悪く、階段特に降り時に痛みが酷くて困っているママがいるのですが、来た当初はとても重症でした。
話によると今回の出産は2人目で、1人目の時も産後の痛みで困っていたのですが特に骨盤矯正をすることもなく2人目を妊娠したとの事でした。

産後一か月も経っていなかったのですが痛みに耐えきれず医師の許可をもらい当店にいらっしゃいました。(基本的には1ヶ月検診が終わって異常なしといわれた方のみ施術を行います。今回は医師の同意があったので施術を行いました。)
歩く姿勢も、痛みをかばって歩いているので姿勢が悪く体のバランスが崩れている状態でした。初回時にバランスチェックをしたのですが、やはり左右差がありました。

当店で行う施術は痛みに対してアプローチするのではなく左右のバランスを整えることで負担を軽減させ、負担のかかりにくい状態に持っていることを目的に行っています。
産後はホルモンの影響もあり骨盤もルーズな状態です。骨盤に負担がかかれば歪みやすくもなるのですが、逆にルーズな状態ということは調整もしやすいということです。

先ほどお話ししたママさんも骨盤矯正を行ったことで3回で歩き方も変わり痛みも少しは残っていますが最初と比べたらかなり軽減し本人も驚いていました。ポイントとしては産後早い段階で骨盤の調整ができたのが良かった点です。産後6ヶ月以上経ってから骨盤矯正をするよりも6ヶ月以内に骨盤矯正をおこなった方が良い結果がでる可能性が高いです。

産後は赤ちゃんのこともあり色々忙しいのはわかりますが、自分の体を労わる時間も作ってください。体の不調が続くことによって、慢性化することもありますし、痛みによりストレスがかかったり、家族、子供に負担がかかることもあると思います。ママの体調が万全でないと子育てにも影響が出てしまいますので、自分の体調も考えながら労わる時間も作っていきましょう!

たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板
         




              ご予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

たかさか中央接骨院看板

あああああ

こんにちは、東松山市高坂にある産後骨盤矯正・腰痛に特化した整体・治療院
「たかさか中央接骨院」院長の比嘉です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

産後のお腹

このブログを見ている方は産後のママが多いと思いますが、みなさんはどんな悩みがありますか?
出産が終わり、ひと段落したが妊娠中に増えてしまった体重が元に戻らないとお悩みのママが多いようですが、なかなか食欲が抑えられないというお話をよく聞きます。

授乳中なので過度にダイエットもできないですよね。第一優先はママの体を回復させることが一番大切です。出産直後には大きな負担が体にかかっています。産後すぐに元の体重に戻したいと思っている方も多いと思いますが、最低でも産後1ヶ月の間は体を休める期間を作りましょう。

産後の1ヶ月検診で特に異常がなければ少しずつ体に負担のかからないように体重を落としていくのがお勧めです。産後5〜6か月間は体重が落ちやすい時期でもあります。この期間が一番ダイエットに適しているといわれています。妊娠中についた脂肪「流動性脂肪」という脂肪は水分を多く含んでいます。

普通の脂肪よりも柔らかい感触の脂肪で、産後5〜6ヶ月の期間であれば落とすのもやる気があればそれほど大変ではありません。軽い運動やストレッチ、骨盤矯正、食事管理をしっかり続けることができれば体重が落ちやすい体質になります。体重もそうですが、出産後に広がっていた骨盤が元に戻っていくのも同じ6ヶ月前後といわれています。

赤ちゃんを長時間抱っこしたり、授乳中の姿勢、沐浴時の姿勢など出産前と出産後では日常生活も大きく変化しています。それによって今まで使っていなかった筋肉、骨盤に付着している筋肉が柔軟性を失うことで骨盤を引っ張り元の位置に戻れなくなると歪んだ状態で骨盤が固定され慢性的に痛みが出てしまします。

骨盤をしっかり元の位置に戻すことは痛みや基礎代謝、ダイエットにも影響を及ぼすこともありますので固定される前に正しい位置に戻すことをお勧めします。


             たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板
         




              ご予約・お問い合わせはこちら↓↓↓

たかさか中央接骨院看板


東松山市高坂にある産後骨盤矯正・腰痛に特化した整体・治療院
「たかさか中央接骨院」院長の比嘉です。
本日もブログをご覧頂きありがとうございます!
骨盤矯正
このブログをご覧になっている方は、みなさん産後の骨盤矯正に興味がある方だと思います。
よく聞く言葉で
「産後6ヶ月以内に骨盤矯正をしましょう!」

一度は聞いたことがあると思います。それはホルモンの影響により「産後6ヶ月」が重要とされていますが、
影響は「産後1ヶ月まで」「産後3ヵ月まで」と色々な説があるようです。
そうなると「出産直後からやっていればがベストなのか?」と思う方もいると思いますが、
産後1ヶ月くらいは悪路が出たり、後陣痛があったりと出産による影響が残っています。

産後の1ヶ月はカラダに負担をかけずに、カラダを休め、労わることに集中してください。
1ヶ月健診後、特に問題がなければ「産後の骨盤矯正」を考えてみてください。
女性ホルモン(リラキシン)の影響で、骨盤が緩むのですが、
この時期に骨盤にアプローチすることで妊娠前よりもいい状態で骨盤が収まることがあります。

ですが、逆に骨盤が緩んでいる時期に日常生活で負担をかけたり、
悪い姿勢をとることによって骨盤がゆがんだ状態で固定してしまうこともあるのです。
勘違いしている方もいると思いますが、骨盤が歪んでいるとしても数センチ歪みではなく、
数ミリ単位でのごくわずかな歪みになります。

しかし、この数ミリのズレが慢性的な腰痛であったり、肩こり、恥骨・尾骨の痛みを引き起こしてしまいます。
東松山市高坂「たかさか中央接骨院」ではこの歪みを左右のバランスの違いで評価し、
可動域をアップさせることで、痛みの出にくい・歪みの出にくい体を作っていきます。

もし産後に体の症状が出ていなくても「体のメンテナンス」の意味も込めて骨盤矯正をお勧めします。
大きなお腹を支えていたのは紛れもなく骨盤です。
メンテナンスをすることで痛みの予防にもなりますので興味のある方は是非ご相談ください。


             たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板
         




              ご予約・お問い合わせはこちら↓↓↓
LINE

あああああ

おはようございます。
東松山市高坂にある産後の骨盤矯正・腰痛に特化した整体・治療院「たかさか中央接骨院」院長のヒガです。
ブログをご覧頂きありがとうございます!

今日も産後の骨盤矯正のお話しです。
腰
妊娠をすることで、骨盤は徐々に開いていきます。
出産時には最大に開いた状態になります。
骨盤の中を赤ちゃんが通って出てくるので、
骨盤には相当の負担がかかるのも想像できると思います。

「出産後に冷え性になった」や「出産後、生理痛がひどくなった」
「尿漏れするようになった」など、出産後に現れる症状の原因が、
骨盤が開いたことによる影響の可能性があるのです。

あなたの骨盤は「もどる?」「もどらない?」鍵を握るのは骨盤にあり!!

妊娠、出産の過程で骨盤は少しづつ開いていきます。
本来、出産後、開いた骨盤は徐々に戻っていくのですが、
いろんな面で便利になった現代では、
骨盤を支える筋肉、靭帯が鍛えられていないので、骨盤が戻りにくくなっています。

体重が戻ったと安心していませんか?

出産してから、体重が戻りやすい人と、なかなか戻らない人がいると思います。
みなさん、体重を気にしている人も多いと思いますが、
注意するのは体重だけではありません。

妊娠前の体重に戻ったとしても、骨盤が開いた状態だと基礎代謝が低下して
太りやすい状態になり、この状態が続くと「太りやすい体質」になってしまいます。

あなたは大丈夫ですか?

たかさか中央接骨院では産後のママを応援しています!
只今、毎月2名のみ特別割引を実施中です。
産後の骨盤矯正をしたい方はお早めにご予約ください!!



                 お問い合わせはこちら↓↓↓
LINE



              たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板



あああああ

こんにちは。
東松山市高坂の「たかさか中央接骨院」です。
今日もブログをご覧頂きありがとうございます!
腰
産後の骨盤矯正の適切な時期はいつですか?
とよく聞かれます。産後、すぐは悪露の問題もあります。
目安としては子宮が収縮するのが目安です。

中々その感覚はわかりにくいと思いますので、
産後の一ヵ月検診で医師に相談してください。
平均して出産一か月後から行うママが多いですね。

恥骨の痛みや尾骨・仙骨の痛み、尿もれが酷い方は、
早めに骨盤をしめてあげた方がいいので、
どうしても早く骨盤矯正を始めたい方は骨盤ベルトをお勧めします。

ですが、産後ベルトの巻く期間にも気をつけてください。
長く使用すると仙腸関節という関節自体がロックされたままで、
本来ある柔軟性が失われ最終的には坐骨神経痛や慢性腰痛になることもあります。

ベルトを辞める期間としては産後6ヶ月〜1年くらいが良いと私は思います。
産後骨盤矯正を終了する時期も気になると思いますが、
求めているもの、人の価値観は様々です。

産後すぐに来る方もいますが、40歳前後の方も多く来院されています。
産後のケアを怠り、体の不調を訴えていらっしゃる方がよく言うセリフが、
「産後すぐに骨盤矯正をしたかった」です。

やはり、産後の骨盤矯正は早く受ける方が良いです。
5年後、10年後の調子を左右することにもなります。
出産後は育児も大変かと思いますが、
自分の時間も大切にすることで心の余裕が出て、
子育ても楽しく出来るようになるのではないでしょうか。

                 お問い合わせはこちら↓↓↓
LINE



              たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板



あああああ

こんばんは、
東松山市高坂にある産後骨盤矯正、腰痛に特化した整体・治療院
「たかさか中央接骨院」院長の比嘉です。

本日もブログをご覧頂きありがとうございます!
産後
出産によってこんな症状はありませんか?

✔出産後も太ったまま妊娠前に戻らない
✔妊娠前より腰痛、肩こりが酷くなった
✔股関節の痛みがある
✔妊娠前にはいていたジーンズが入らない
など、産後による様々な体のトラブルが発生してしまうのです。

腰痛、肩こり、背中の痛みや、膝、股関節、恥骨など、症状は様々です。
その原因の多くが出産による骨盤の歪みからきています。

では、何故骨盤がゆがみなのでしょうか?
妊娠をし、お腹が大きくなってくると、それを支えなければいけません。
腰を前方に大きく反らすことによってお腹が安定し支えやすくなります。

この姿勢が妊娠中続き、出産後も、今まで骨盤を支えていた筋肉が緊張したままでいると、
骨盤が開いた状態で固まってしまいます。

妊娠、出産により仙腸関節、恥骨結合もゆるんでいます。
それが出産後、徐々に戻っていくのですが、ズレた状態で固まってしまうと
「産後の体の不調」につながってしまいます!

もし、出産後、ひどい腰痛になった場合は仙腸関節、恥骨結合がずれてしまっている可能性がありまあす。
「たかさか中央接骨院」ではそんなズレを骨盤リセットすることで体の不調を体質を改善していきます。

産後、体の不調でお困りであれば当院までご連絡ください!!
お待ちしております!!

                 お問い合わせはこちら↓↓↓
LINE



              たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板



あああああ

こんばんは、
東松山市高坂にある産後骨盤矯正、腰痛に特化した整体・治療院
「たかさか中央接骨院」院長の比嘉です。

本日もブログをご覧頂きありがとうございます!

産後の骨盤矯正は自然分娩の人だけだと思っていませんか。
私は帝王切開だから産後の骨盤矯正は必要ない!
と思っていませんか!その考えは大間違いです!!
帝王切開
骨盤が開くのは自然分娩だけではありません。
赤ちゃんが産道を通らなくても女性ホルモンは分泌され骨盤は開いているのです。

では、帝王切開の骨盤矯正はいつから始めればいいのでしょうか。
帝王切開で出産した場合、順調に回復している場合は
産後1ヵ月で普通の生活に戻っても大丈夫だと医師に言われることが多いと思いますが、

産後の骨盤矯正に関しては個人差が大きいため適切な
期間はありませんので医師に相談しながら行ってください。

骨盤ベルトも締め方によっては傷口が痛むこともあります。
産後のベルト、産後の骨盤矯正をする場合は、産後一か月健診時に確認しておくと安心ですね。

「たかさか中央接骨院」には東松山市はもちろん、
坂戸市、熊谷市、鶴ヶ島市、川越市、上尾市、鴻巣市、桶川市、日高市、飯能市、
比企郡(鳩山町、川島町、吉見町、嵐山町、滑川町、小川町、ときがわ町)、東秩父村など、
多数の市町村からお越し頂いています。

あなたもお近くで、骨盤矯正に興味があれば、「たかさか中央接骨院」へお問合せください!お待ちしています。

                 お問い合わせはこちら↓↓↓
LINE



              たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板



あああああ

おはようございます。
東松山市高坂にある産後骨盤矯正、腰痛に特化した整体・治療院
「たかさか中央接骨院」院長の比嘉です。

本日もブログをご覧頂きありがとうございます!

「産後の骨盤矯正」をやっている方が最近は増えています。
でも、骨盤矯正をしてどうなるのか?
という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

痛みがあるのであれば「よし、やってみよう!」となるのですが、
痛みも違和感もないママにとっては骨盤矯正の必要性はないような気がしますよね。

主に産後骨盤矯正のメリットとしては、
・腰痛や肩こりの軽減
・下半身太りやポッコリお腹の予防
・骨盤の歪み解消
などが挙げられます。

もう一つ、悩みで挙げられるのが、尿漏れです。
大丈夫?
骨盤の底に骨盤底筋という筋肉があり、出産の影響により働きにくくなることで、起こりやすくなります。
骨盤底筋の働きが悪くなる原因がいくつか挙げられます。
・肥満
・喫煙
・複数の分娩
・鉗子の使用
・重度の会陰裂傷
・慢性の咳・3.6sを超える出産体重
・オキシトシンの使用
・分娩第2期(子宮口全開大から胎児が産道を下降して娩出されるまでをいいます。)
の時間が長い・出産 分娩時に骨盤底の構造に重大な外傷
など、以上の原因により骨盤底筋の機能が低下し不具合を起こしてしまいます。

骨盤のゆがみ、腹直筋離開がある場合は、骨盤底筋群の機能も低下しています。
また、腰椎は骨盤との連動もあるので、腰椎に不具合が起こると
骨盤底筋群の働きも低下するので、腰椎の調整も欠かせません。

産後の尿漏れで悩んでいる方が当院にも数多く来院されています。
産後の尿漏れに限らず、お悩みがあれば、お気軽にお問合せください!

                 お問い合わせはこちら↓↓↓
LINE



              たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板



あああああ

こんにちは。
東松山市高坂にある腰痛・産後骨盤矯正に特化した
整体・治療院「たかさか中央接骨院」院長の比嘉です。

本日もブログをご覧頂きありがとうございます!
明日はイースターですね!
イースター
日本でも定着しそうな勢いですが、何の日なのかよく解っていません...。

クリスマスなどとは違い、毎年日付がかわるみたいですね、
知ってました⁈

昨日は産後のむくみについてお話ししましたが、今日もそのお話しをしていきます。
むくんだ足をどうすれば改善できるのか?

むくみを改善するには...
・寝る時は少し足を高くして寝る。
・足湯(しっかり足を温めて血流を良くする)
・塩分控えめの食事を取る
・散歩などの運動を取り入れる

塩分を摂りすぎることによって水分を体内に溜めやすくなってしまいます。
普段から塩分を摂り過ぎないように心がけましょう。
足を高くして寝たり、
散歩などの軽い運動を行うことで血流やリンパの流れがよくなり
むくみにくくなっていきます。
むくみ
産後にむくみが出てしまう主な原因としては
水分のバランスが崩れてしまうことです。
出産をすることによって、血液や羊水が体外に排出されて
一時的に水分になります。

体内からでた水分を補うため、水分を過度に溜め込もうとします。
授乳による水分不足や運動不足による
代謝の低下もむくみと大きく関わってきます。

運動、塩分調整、メンテナンスを行うことで
「むくみ」は解消します。
大変かもしれませんが、むくみを無くすために頑張っていきましょう!

                 お問い合わせはこちら↓↓↓
LINE



              たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板



あああああ

こんにちは。
東松山市高坂徒歩3分にある、腰痛、産後骨盤矯正に特化した
整体・治療院「たかさか中央接骨院」院長の比嘉です。

いつもブログをご覧頂きありがとうございます!
あなたは、産後の脚の浮腫みで悩んでいませんか?

・脚がむくんで重く感じる・妊娠前より脚が太くなった
・ふくらはぎがつりやすくなった
・むくみで脚がすっきりしない
足の浮腫み
何が原因でむくみが出てしまうのでしょうか。
むくみとは、余分な水分や老廃物が体内に溜まっている状態です。
リンパの流れ、血液の流れが悪くなると、老廃物や水分をスムーズに排出できなくなり、
むくみになるのです。

産後に多いむくみの原因は、出産をすることにより水分バランスが大幅に崩れてしまいます。
妊娠中の血液量は通常よりも約1.4倍に増加すると言われていますが、
分娩時に血液や羊水が体外へ排出されます。

急激に水分バランスが崩れることにより、不足した水分を補うために必要以上に溜め込もうとするのです。
そのため、産後はむくみやすくなってしまいます。

出産時に起こる、水分バランスの崩れが原因による、むくみは一時的な症状なので、
産じょく期を過ぎると自然に戻ることが多いです。
むくみやすい時期として、授乳が始まる頃に母体は再び水分不足に陥りやすくなります。
水分を溜め込もうとしてむくみを引き起こしやすくなります。

出産後は育児や家事で家にいることが多く、運動不足になりやすいです。
代謝の低下がむくみの原因となるため、注意しなければいけません。
育児によるストレス、赤ちゃんの夜泣き、夜間の授乳による睡眠不足など、
心身の疲労も代謝を悪くする原因になります。

稀に、高血圧の人で、腎臓の機能障害が原因でむくんでしまうケースもあります。
むくみが気になる場合は早めに医師に診てもらってください。

                 お問い合わせはこちら↓↓↓
LINE



              たかさか中央接骨院ホームぺージ↓↓↓
たかさか中央接骨院看板



あああああ

PageTop

  • 0493-81-5126
  • Contact us
  • Access Map
【免責事項】

お客様・消費者庁・厚生労働省の関係各省庁のご担当者様へ。 こちらのサイトに記載されている内容はあくまでもお客様1人1人の個人の結果であり、決して万人に同じような効果効能を保証するものではないと明記させて頂きます。 当院では症状を改善することを目標とした施術をおこなうものであり、お客様には必ず《治癒・治す》というお約束は法律上できないことを事前にご説明しています。 当院のサイトは関係法規を守り制作した内容となっており、決して誇大広告や優良誤認・有利誤認・不実証広告などの誤解を招くような表現をおこなうつもりはありません。